よくある質問 Q&A

建物状況調査の調査対象部位はどこですか。建物状況調査を行う会社によって、調査対象部位は異なりますか。

建物の構造耐力上主要な部分及び、雨水の浸入を防止する部分が調査対象部位です。
具体的な調査箇所は工法により異なりますが、構造耐力上主要な部分に関しては
『基礎、土台及び床組、床、柱及び梁、外壁及び軒裏
バルコニー、内壁、天井、屋根』が一般的です。
オプション調査を依頼する場合を除き、建物状況調査を
実施する者によって調査対象部位が異なることはありません。

Q&Aカテゴリー